読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くオカンの妄想日記

働くオカン(三姉妹の母)がが日常を妄想しつつ日記にしていきます!!

明けましておめでとうございます 2017

ご挨拶

早いもので三が日も終わりを迎えようとしています。皆さま、良いお年をお迎えになっておりますでしょうか?

f:id:wm-hijiriko:20170103011609p:image

年賀状無料素材 2017年(酉・とり)のイラストとテンプレート/年賀状無料ダウンロード

 

旧年の終わりに「一年を振り返る」エントリーも書かず、スッカリ放置気味のブログになってきました。(すみません。。)

 

かなりのリア充っぷりを発揮し、一度私がブログ書くと惚気っ放しになりそうなエントリーばかりを量産しそうで・・・・・というわけではなく(笑)

単純にブログ書く時間が、連ドラの無料見逃し配信アプリ視聴時間へとすり替わっているだけです。(も、申し訳ない!!←誰に何故謝るのかw)

 

ただ、やはりですね、どれだけ落ち着いたといってもですね、日々、いろいろあるわけでして、いつまで経っても「育児アガリー!!いっちぬっけたぁー!」とはなかなかなりませんね。

 

過去の負の数年は、はやり負ですので。

ここを、正にまで持っていくには並々ならぬエネルギーと労力と体力と精神力と意思が必要なんだなと、つくづく思い知らされる日々でもあります。

 

ホント、学生時代の物理で習った位置エネルギーとかの滑車の絵図が頭をチラつきますね(笑)エネルギー、メッチャ要るわー!!!

 

ただ昔ほどには、私自身に怨念の過去に対する後悔がなくなり、仕方なかったんだと、避けては通れなかった道だったんだと、受け入れ認める事ができるだけの余裕があるので、なんだかんだ、危ういままにもなんとかなっている。というだけのような気がします。

 

そんな私や旦那の抱え持つ親の都合なんかは、子供にとっては関係ない事なので、子供には、負の数年をお詫びし、其々の癖になってしまってる関係性や悪癖になってるコミュニケーションを改善すべく、私自身だけでなく、旦那も、子供達自身ですら、悪戦苦闘が続いている状態です。

 

1号の担任の先生からは、多大なる支援を頂いていると判明し、それも、1号が担任の先生宛に書いた年賀状の文面から発覚し、ほんと、申し訳ないやら、有難いやらで、新学期にどうやってお礼を言うかを思い倦ねているところでもあります。

 

そんな中ですが。

28日に仕事を納めてから4日の仕事始めまでのお休み6日間。

初めて感じる感覚です。

休みが休みで、そして6日間が長くて有意義!!

 

今までの休みは、なんだったのでしょうかね?

いろんな事に追われすぎて休めてなかったんでしょうね。

 

休みが何日あっても、休めてなかったら、休みじゃないんだなぁと。

 

マイペースに年始の料理を作ったり。

マイペースに子供達は、日頃できないスマホゲームをしたり。

その日、その朝、場当たり的な子供からの我儘なお出かけの予定を希望されても、なんなく対応できたり。

 

そんなこんなで過ごしております。

そんな日常をブログでこれからも時間があれば、綴っていきたいなと思います。

 

本年も どうぞ宜しくお願いします!  

ご無沙汰しすぎたので近況のご報告でも。

妄想日記

いやーご無沙汰ですねーー

いつぶりでしょうか?!7月くらいから更新をすっかり後回しにしてしまっていますね。反省。反省。

久々ですし近況のご報告でもしてみようかと思います。

正社員から降りまして、すっかり派遣のおばちゃんとして働く

自宅から徒歩2〜30分の会社へ、一般事務とは名ばかりの理系よりな事務(というか設計系ソフトの補助的な?)仕事をしています。これが、なかなか難解なソフトだし補助と言ってもその業界のルールを覚えたりと新鮮で蜘蛛の巣張ってる脳みそにはなかなかよい刺激となっております。ぶっちゃけ楽しいwww

 

対外的な事は一切なく会社内の人間関係だけで完結するし、個人プレーに近いのでマイペースに仕事を進めていくことができます。でも、個人の責任は重くならないようにチェックの目も多数入る。なにこの完璧すぎるフォーメーション。これ、なかなか実現できないレベルで子持ち向きの職場じゃねーかよ!!!理系的な図面アレルギーさえなければめちゃめちゃ快適!!!

そして、何より同じ仕事している派遣さんの人数が多く負荷分散されているので、私が急に欠勤しようがサボろうが早退・遅刻をしようが誰にも迷惑がかかりません。仕事さえキッチリと覚えメリットのある一人材にさえなれば(といってもハードルが低めに設定されていて安心するレベル)よっぽどの非社会人的な行為をしなければ派遣切りにもならないそう。そして、この仕事はまだまだ右肩上がりだとか。マジ神かよ!!!(ブラック脳にはそう思えて仕方がない!!)

 

そんな職場へは、朝から30分ほどのウォーキングをして向かいます。

これメチャクチャ気持ちいです!!体を動かして、汗をかくのが本当に気持ちい。

時間がなくて天気が良ければママチャリで、かっ飛ばすと15分くらいですし、無理のない範囲で歩いています。最近は、雨の日が続いているので歩いてることが多いですね。

 

この家と職場が近い。

毎日同じ時間に帰ってくる。

ママが帰ってきてから宿題しても、なんとかなる時間帯にママが帰ってくる安心感。

たぶんなんですけど、これが子供たちの情緒的な変化をもたらしているように思います。

 睡眠不足にもならずにすんでいるのも良い効果をもたらしているのかもしれませんね。

 

そして、もう一つ大事な変化があります。

職場環境の改善。子供達の情緒の安定。ときたら、次は旦那の変化ですね。

 

なんと。

帰宅時間が早くなりました。

必然的に会話が増えました。

育児に関わる頻度が増えました。

家事を率先してする体力もあるようで、するようになりました。

旦那も一駅歩く習慣に変え取り組み始めました。

ジムでウェイトトレーニングにも通いだしました。

 

家庭に笑顔が戻り、会話も増えました。

 

 

今回の転職でのデメリットは、たった一つ。

お金がなくなった!!!

この1点のみですね(苦笑)まぁ、そんな何もかもは手に入らないという事で納得するようにしていますw

 

といっても、ですね。

派遣と正社員とでは、金銭面を除けばそう大きな違いはありません。

厚生年金ですし、健康保険も派遣会社のに入りますのでその福利厚生を受領できますし、年一度の健康診断も会社持ちで実施しますし、半年相当の時間分の勤務が継続してあれば有休も半休ももらえます。

 

派遣法の改正がなければ、3年間はここにいると思います。

3年あれば、十分です。我が子は全員小学生以上になっていますし、また何らかの変化が起こっている事でしょう。その時に、また次のステップを考えたいと思います。

 

ようやく。

ひじり家にも晴れ間が覗き始めましたね。

f:id:wm-hijiriko:20160923235529j:plain

写真素材 足成:雨上がり

めでたし、めでだし!

自分のことは自分でしてもらいます!そしてオニ母となる。

子供のToDoListを作りはじめたのは、いったいいつだったか既に記憶がないくらい、ごく当たり前のように自然と始めたんですが、そんなToDoListの話を書こうかと思います!

 

現在の個別ToDoListとスタディタイムの写真はこちら。

左:1号、中央:2号、右:3号。至る所に落書きがあるので、もし個人情報を見つけた際はご一報ください・・・・。そういやスタディタイムを全力でお勧めするエントリーは書いたことがなかったかも・・・?

f:id:wm-hijiriko:20160726112227j:plain

 

始めは、現在のカレンダーとリストの一体形式ではなく、 ポップから始めたような気がします・・・・・が、既に記憶が怪しい・・・・。

ポップはこんな感じで現在も健在です。用途別で作っています。(字がキタネー!)

 f:id:wm-hijiriko:20160726114501j:image

 

 ところでさ。

これって命令と同じじゃね?!!!

 

と、心の片隅どこか全力で疑っているんですけど、こういうのでもないと3人の管理が行き届かないので、片目どころが両目つぶってやっています。オニ母ですみません。

 

という大前提がある上で、忙しくて狂ってしまいそうなお母さん、お父さんへ。

狂ってしまう前に、お勧めしたいのがこのする事リストアップでございます。

 

ビジネスマンにはお馴染みのToDoList(する事リスト・チェックリスト)を、家庭にも持ち込んでみました。

 

個人的に、ToDoListはめちゃくちゃ好きなんですよね。

する事を紙に書き出してしまえば、する事を忘れ去ってしまえる所が、最高に好きです!!覚えることに、脳みそが支配されるのが嫌いなので、書き出しているときに、作業工程までしっかりイメージしながら書き出して、手順まで考えて、リストアップすると、尚、全てを全力で忘れ去れるので、オススメです!!!

 

そして、そのリストが合わなくなったなとか、なんかやりづらいなと感じたら、見直し。作り直しをするタイミングと思って、改善していきます。

 

めっちゃ、普通です。

ビジネスマンがいつもしている、いつも通りを家庭に持ち込むだけです。

 

ただ、自分のリストではなく子供のなので、子供の意向を無視をせずヒアリングして、その意向も盛り込みます。

 

ゲームを宿題の前にするといえば、そうします。

うまくいかなければ、改善するための話し合いをします。

このポイントさえ抑えておけば、やらされている感は払拭できますし、話し合うこともできるので、つまづきポイントも共有できる(はず)だと思います。

 

まぁー、我が家の場合は、そんな個人の意見もないくらい当たり前に始めたので、当たり前にしてしまうのも、手かと思いますが、いつか成長とともに「なんでこれしなあかんの?」と、主張のぶつかり合いは訪れるので、まぁ、そんなもんですね。楽はないので、各家庭の親子の関係でベターをさぐってください。

 

子供たちと話し合う上で私が絶対に譲らない点は、時間と自分の事は自分で!です。

 

  • 起きる時間。
  • 朝家を出る時間。
  • 寝る時間。
  • 宿題。
  • 明日の用意。
  • 風呂、食べる、歯磨きなどの生活。

 

消化順など、細かい事はいいません。

(既にこの時点で相当細かい事を要求してると、気付いてない模様w)

 

指定時間までに、 各個人のする事が終わってればオッケ!!

 

ちなみに、ルールとして。

する事のビジネスオーナーは、子供本人なので、親に手伝ってもらう日があっても良いが、親が察してする事はしません。

 

親に手伝ってもらうのも、自分から依頼と指示をする事にしてます。

 

「たすけてー!」

「てつだってー!」

「一緒に考えてー!」

と、声を上げましょう。自分から無理だと判断したら、自分から声を上げましょう。と、しつこく、繰り返し言ってます。

 

1人で頑張りすぎてやり切ってもらうつもりはないので、宿題が多い日、習い事で忙しい日は、明日の用意を親に依頼する事も同時に求めています。

 

え?

ハードルたけぇーよ!!このオニ母がっっ!!!って?

 

あ、やっぱり?!!(笑)

 

でも、まぁ、出来なくても怒りませんし、淡々と伝えるルールは一貫してる方がいいかな?と、小さい頃から言い続けてます。

 

まぁ、高学年の1号には、そろそろ出来て貰わないと困るので、怒る事も場合によっては、というか宿題に関しては、多々ありますけどね。

 

そんなこんなで、このリストを寝る前に全チェックをしたいけど、できない日もありつつ、、、まぁ、ボチボチやってます(笑)