読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くオカンの妄想日記

働くオカン(三姉妹の母)がが日常を妄想しつつ日記にしていきます!!

正社員のフルタイムを辞めようかと思ってる

なんとなく書きたい気持ちが深まったのか、昨日は筆慣らしにちょっと書いてみた。たいした内容もないのに読んで頂けて「まだ忘れられてなかった!」というこそばゆい嬉しさがこみ上げてきた。有難いです。ほんと。これがサードプレイスと言うものですね!!!(違う)

 
さて、表題に本題を表明した通り以上の内容はないのですが、移動時間が30分ほどあるのでちょっと書き散らかしてみようと思う。
 

f:id:wm-hijiriko:20140314220649j:plain

フリー画像より
 
私は、今の会社の社長とは15年の付き合いになる。社長の元へ派遣で配属され、気に入られ、社員となった。会社は当時流行のベンチャーというヤツだった。(若干フェイク入り)
 
社長との長い付き合いの中、ベンチャー独特の創業メンバーの離脱も仲違いも見てきた。私は若かったし、何より氷河期世代として正社員になれた事が尊く全てのいざこざを横目で見ていた。
 
そして、私は結婚し子供を産み産休育休復帰を繰り返した。
 
15年前はベンチャー企業も、今は中小零細企業の吹けば飛ぶ会社。だが、お客様に恵まれ今日まで潰れる気配もなく存続しているし、これからも数年は間違いなく存続するだろう。
 
この長い間で私は会社での重役を担った事も、営業で結果を残した事もある。今は平社員。
 
だが、今はその過去が重たい。
 
そろそろ子供が大きくなったのだからと、過去の栄光をもう一度取り戻す機会を与えようとしてくださるのは、とても有難いのかもしれない。
 
だが、今はその思いが重たい。
 
私が最前線での戦いで敗れたらもら、社長しかいない。社長は最後に頭を下げる事はできても戦いで勝つ力はもうない。
 
過去の栄光を取り戻すという事はこういう事だ。その責任を負いながら、家族を抱え、私は一体どこへ向かうのか?何を欲しているのか?
 
世の中ではマミートラックだとかパピートラックなんだとか叫ばれているが、マミー&パピートラックは必然的だと思う。
 
家庭を持った以上、どこまでをコミットするか?を決めるのは、私独りの問題ではない。
 
家庭でも、会社でも、自分の役割や責任範疇を明確にしコミットするのは、私独りの問題ではない。
 
これを、私独りの問題として、会社でも家庭でも確実なコンセンサスを取って行かずに「私だけが我慢をすればよい」状態にすると体か心を壊すか子供がグレる結果になるのだろうと最近は思うに至った。
 
コンセンサスを取るのは、家庭であれば夫と。会社であれば上司やチームと。これは難易度が高いスキルが求められる。
 
この工程を不要にするには、マミー&パピートラックに放り込めばいいのだ。だから必然的と書いた。
 
 
夫とコンセンサスを取るのに疲れた。
という事で、駅に着くので次回へ。